「1000万倍は間違い」東電訂正

Publié le par francemedia

3月27日18時(日本時間28日2時)

 

 福島第1原発2号機のタービン室で見つかったたまり水から通常の1000万倍の放射能が計測されたと27日に発表した東京電力は、28日未明「1000万倍ではなく10万倍の間違い。別の物質と取り違えた」と訂正した。ただし、水たまり表面の放射線濃度は毎時1000ミリシーベルトで間違いないとしている。(時事通信)

 

 

 

 

Commenter cet article