フランスは万全の用意をしている

Publié le par francemedia

*リベラシオン最新ネットニュース 14時10分(日本時間22時10分):在日フランス大使館はヨウ素の錠剤を東京近郊にまだ留まっているフランス人3000人に配った。風に関しては明日木曜日も太平洋に向かうと見られる。

 

*リベラシオンの科学記者によると、理研科学研究所の和光研究所モニタリングポスト(埼玉県和光市広沢2-1)により、放射線量の検出が行なわれており、フランス人学者と共にデータを分析している。次のサイトでデータを閲覧できる。

http://www.riken.go.jp/r-world/topics/110314/monitoring.html

 

*ブルシエ・インターネット・ニュース 13路32分(日本時間21時32分):フランス政府は在日フランス人を帰国させる為に、チャーター機2機を用意した。エール・フランスだけでは全員を運ぶ事ができない為である。1機は木曜日夜21時(現地時間?)に、もう1機は18日に大阪から出発する予定になっている。いずれも関東地方に居住するフランス人を対象としている。

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article