死者行方不明者2万人を超す

Publié le par francemedia

リベラシオン・ネットニュース 7時(日本時間15時):

1300601223.jpeg

陸前高田にて  © AFP Nicholas Kamm

3月11日に日本の東北を襲った巨大地震と津波の死者行方不明者は2万人以上に上る。被災者たちは放射能に汚染された雨の可能性を心配している。福島原発の技術者たちは本日中に原子炉の冷却ポンプを作動させることができるかどうかはわからない。

「福島原発の損傷を受けた原子炉から出た放射性物質はフランス本土に水曜日か木曜日に到達すると見られる」と仏原子力安全院(IRSN)が発表した。

  • 6時11分(フランス時間、以下同様):警察当局によると、大震災と津波による死者は8133人、行方不明者12272人となった。この数字はまだ増えそうである。宮城県警は「1万5千人以上の遺体を収容できる場所が必要である」と語った。
  • 4時28分:本日は雨の予報が出ており、放射生物質が含まれるのではと人々の不安が高まっている。政府は人体への影響はないと冷静を呼びかけた。
  • 4時23分:東京電力は第2号原子炉の電気を本日中に復活させるのは難しいとの見解を示した。

Commenter cet article