日本政府 福島原発避難区域拡大せず

Publié le par francemedia

3月31日 Le Monde

 31日日本政府は、福島原発の20キロ圏内としている避難区域を今すぐには拡大しないことを決めた。しかし、環境団体グリーンピースに次いで、国際原子力機関(IAEA)も40キロ圏内で心配される濃度の放射線を計測したと発表し、同機関のドニ・フロリー原子力安全保安局長は記者会見で、「第一回計測によれば、福島県飯館村においてIAEAの規定で避難を妥当とする数値が計測された」としている。さらに同機関のエレナ・ブグロバ緊急事象センター長は、「同機関が避難を勧告する量の2倍に値する1メートルあたり2メガベクレルの放射線を計測した」と語る。同機関では、日本政府の担当局に対して注意深く状況判断するよう勧めている。
 環境団体グリーンピースは今週初めから毎時10マイクロシーベルトまでに至る放射能を計測しており、「飯館村の住民達、特に子供や妊娠中の女性にとって有害なのは明らかだ。日本政府は科学的な証拠よりも政治を優先させている」と抗議しているが、日本政府は「測定は信頼性に欠ける」と無視している。
 日本の枝野官房長官は、「避難を求める状況にはない」と述べ、日本原子力安全・保安院は「住民は心配しなくて良い」と発表している。
 また、東京電力は福島原発沖で標準の4385倍にあたる放射性ヨウ素を計測しており、「事故発生以来計測されたヨウ素131の最高値」とル・モンド紙は伝えている。
 
 

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article