放射性物質の拡散防止:様々なメソッド

Publié le par francemedia

*ル・モンド紙 4月4日19時07分(日本時間5日02時07分):


1502931_3_0b41_du-beton-est-coule-dans-un-puits-situe.jpg (C) AFP/HO/Tepco

亀裂を塞ぐためのセメント:4月2日原子炉第2号機の取水口近くの作業用の穴(ピット)壁面に亀裂があるのが発見された。

1502662_3_fa2a_les-polymeres-absorbants-se-presentent-sous.jpg (C) D.R.

高分子ポリマー:4月3日止水の為に、ポリマー、新聞紙、おがくずが投入された。まだ効果は表れていない。

1502862 3 fd9c les-techniciens-ont-commence-a-vaporiser-cet (C) REUTERS/HO

液体合成特殊樹脂:放射性物質を含む粉じんなどを吸着させて空気中への飛散を防ぐ為の合成樹脂の散布。

1502863_3_50ac_cette-mega-barge-en-acier-de-136-metres-de.jpg (C) AP/Yasufumi Nagao

水上プラットフォーム:汚染水を貯蔵する為に長さ136メートル、幅46メートルの“鋼鉄プラットフォーム”がまもなく福島第一原発前に到着の予定。1万トンの容量がある。

Commenter cet article