東電 事故収束への工程表を発表

Publié le par francemedia

4月19日付 Le Monde

 

 ルモンド紙は19日、「相変わらず不安定な状態が続く福島原発の事業主東京電力は、6ヶ月から9ヶ月の間で事故を収束させる行程表を明らかにした」と報じた。当面の課題は冷却系統復旧で、同時に汚染水処理と水素爆発を防ぐ窒素注入が続けられ、その後原子炉を密閉し解体する作業にはすでに東芝と日立が候補に名乗り上げている。
 「現場では未だに余震が続く中、技術者達が原子炉地下に溜まった汚染水を取り除く作業をしている」と同紙は伝える。17日未明、燃料棒を保管する貯蔵プールの冷却系統が停電により3時間に渡って機能しなかったという。ルモンド紙は「事故後設置された緊急システムの脆さを象徴する事象」と指摘する一方、東京電力は「計6375本に及ぶ燃料棒は4年以上前から貯蔵されており、十分に温度が下がっている」と発表している。
 また同日、東電はアメリカから運ばれた無人ロボットを使用して第3号機の内部映像の撮影、さらに放射線量と温度計測を開始した。
 東電は、原子力安全・保安院の命令で、原発沖海中の放射能レベルの計測を始めた。この知らせを受けて、東京株式取引所では18日の取引開始から東電株が2.5%(481円)上昇する結果となった。
 最後にルモンド紙は「日本では原子力に関する議論が盛んになり始めた」と語る。国民的日刊紙の毎日新聞は16日付社説で初めて「福島事故を教訓にし、長期的に原子力への依存を減らすためにエネルギー政策を再考すべき」と呼びかけた。

 

"Tepco dévoile son calendrier de sortie de crise pour la centrale de Fukushima", Le Monde 19/04/2011

 

Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article