脱原発:東京でエネルギー政策変換を求めるデモ

Publié le par francemedia

*4月24日付のAFPネットニュースが東京で行われたデモについて報じている。

 

数千人が脱原発を訴え、代替エネルギー推進を求めるデモ集会を東京で行った。「バイバイ原発」と書かれたプラカードを掲げ、多くの若者や家族連れが代々木公園を出発した。

「私たちはとても心配しています。福島事故の前には全く考えてもいなかったのですが、今は立ち上がるべきです、私たちの子供たちのために」妻と5歳と9歳の子供と一緒に参加したリノ・ヒロシさん43歳はこう説明した。学校教師オヌマ・ヨウコさん48歳は福島第一原発事故が起こってデモに参加するのはこれで2回目である。「以前は原発の危険性をあまり意識していませんでした」と言う。「でも今は、多くの人たちを動員しなければ。例えばドイツのように他の国では多くの人が反対デモに参加したのです」

この集会を呼びかけた団体のひとつであるグリーンピース(環境保護団体)日本支部長サトウ・ジュンイチさんは、原発反対デモ動員数が少ないのは2万8千人以上の犠牲者を出した大災害の所為と考える。

「これまで最も優先されたことは被災者を救うことでした」と彼は説明する。「外国では問題意識が異なっていました。すぐにエネルギー問題に結びつけたのです」これから日本でもこの問題が大きく取り上げられるようになると彼は言う。

もうひとつ別の原発反対デモが同日行われた。こちらは数千人が「東京電力反対」のスローガンの元、芝公園を出発した。今のところ、日本政府内には脱原発の議論は起きていない。

「私たちが原発なしでやっていくことは無理ですが、原発建設のプロジェクトと予定をもう一度見直すべきだと思います」現政権のナンバー2である岡田克也はこう述べた。

12の原子炉の稼働停止を招いた3月11日の津波の前は、原子力エネルギーが日本での電力消費量の30%にあたっていた。

 

link

http://fr-ca.actualites.yahoo.com/adieu-le-nucl%C3%A9aire-manifestation-%C3%A0-tokyo-pour-un-095749626.html

Commenter cet article

SA 25/04/2011 11:53



 


フリーランスリスト岩上安身氏のブログからの情報です。


原発事故に関する情報隠蔽、言論統制が始まりました。ぜひフランス国内に情報拡散お願いします。日本は本当にとんでもない国になってしまいつつあるようです。


 


原発事故の情報隠蔽? 断固抗議! 


2011年04月24日(日) | カテゴリ Web Journal, 原子力安全・保安院,
原発, 情報公開, 東京電力 | コメント(90)



資料はこちら→ 事前登録について(PDFファイル)


今、青森の弘前市で、トークカフェ。懇親会の最中。そこに東京のスタッフから電話が。来週から、東電と保安院の会見が、統合本部の会見として一本化 されるが、その際に、今の官房長官会見同様に、メディアの選別が行われ、組織としてのIWJは、会見の場から排除されることがわかった。


インターネット報道協会に入っているネットメディアは、参加が許されるが、協会に加入していないネットメディアは排除される。フリーのジャーナリス トとしての岩上安身は、会見に参加可能だが、IWJとしては参加させないと。今日、スタッフは保安院で食い下がったが、はねのけられた。


私たち、IWJは、3月11日以来、24時間、ずっと東電と保安院の会見を中継し続け、広く国民に一次情報を提供してきた。だが、保安院は、私たち の活動を認めず、排除に動いた。原発事故の情報隠蔽が進むことを懸念するとともに、政府、東電の卑劣な姿勢に、私たちは、断固、抗議する。


岩上安身


リンク先


http://iwakamiyasumi.com/archives/8811


http://www.nisa.meti.go.jp/oshirase/2011/files/230423-2-1.pdf