福島原発:首相は給与返上

Publié le par francemedia

*5月10日付けリベラシオン(AFP共同)が首相の給与返上を報じた。

 

菅直人首相は10日、福島の原発事故の収束めどが立たない限りは首相としての給与を返上することを発表した。

「議員歳費は受け取るが、首相としての給与とそれに付随するボーナスは返上する」と記者会見の席で明らかにした。

「東京電力と同じように、政府にも大きな責任がある」と今回の危機の責任を示している。

3月11日に発生したマグニチュード9の地震と巨大津波によって引き起こされた福島第一原発事故は、1986年のチェルノブイリ以来の最悪の事故となり、放射性物質放出と周辺住民8万5千人の避難を余儀なくさせた。

同日これより少し前に、東京電力は役員報酬の全額返上を発表していた。

東京電力は2012年1月までに原子炉を「冷温停止」状態にできるとしている。

 

link

http://www.liberation.fr/terre/01012336537-catastrophe-de-fukushima-le-premier-ministre-japonais-renonce-a-son-salaire

Commenter cet article