放射能に関する情報および独立調査のための委員会(CRIIRAD)の批判を受け、フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)が見解を表明

Publié le par francemedia

IRSNは6月16日、福島原発事故後のフランスでの環境監視に関するCRIIRADの批判に対して見解を表明

 

 

CRIIRADは、福島原発事故後、軽度に汚染された空気が日本から大量にフランスに通過した時点の国土環境の放射能監視の結果を公に批判した。

 

CRIIRADIRSNと事前に一切連絡をとらず、 IRSNが放射能ヨードの大気汚染の気体成分の測定を怠り、初期の汚染の兆候の表れの評価において48時間を取り違え、南西部など国土のある地域ではヨード凝縮のレベルを意図的に過小評価した、とIRSNを非難している。

 

それらの非難は根拠がなく、名誉毀損である。それが誤った論理に基づいたものである証拠に、CRIIRADは自らの主張の根拠となるような、IRSN側の主張とは異なる数値を提示していない。

 

IRSNの発表した意見書では、CRIIRADの論理が根拠を欠く理由が説明されている。この意見書は、原子力安全情報と透明性に関する高等委員会(HCTISN)がこの案件についてのIRSNの見解を知る目的で、2011年6月16日委員会に提示された。

 

 

詳細は以下のリンクでダウンロード可:

 

http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Documents/IRSN_Position-IRSN-sur-critiques-CRIIRAD_16-juin-2011.pdf

 

 

記事のリンク:

 

http://www.irsn.fr/FR/Actualites_presse/Actualites/Pages/20110616_reponses-IRSN-critiques-CRIIRAD
Pour être informé des derniers articles, inscrivez vous :

Commenter cet article