Overblog Suivre ce blog
Administration Créer mon blog
3月21日

3月21日

3月21日付 仏 ル・モンド紙 左:日本の天気予報「小さな雲があちらこちらに・・・」 右:フランスの天気予報「春真っ盛りです!」 日本での放射性物質流出の危険と、それに過剰反応するフランス。日本と同じ原発大国であるフランスを揶揄している。

Lire la suite

福島原発 騙し絵の状況回復

3月21日 Le Monde.fr (仏 ル・モンド紙ウェブサイト)抜粋 21日、菅首相は福島原発での状況が「少しずつ改善している」と延べ、東京電力が6つの原子炉が電源接続されたことを発表するや否や、「第3号機から白煙が立ち上がり、希望の光が途切れた」と仏新聞ル・モンドは報じた。 さらに、東電は原発内で作業に当たっていた一部の社員を避難させた。(昨日の1,2号機に続き)3号機と4号機にも送電線が接続されているが、発電所内に通電させる前に今回の津波の原子炉冷却装置への影響などを十分点検しなければならない。...

Lire la suite

「福島原発の状況は未だ重大」仏原子力安全機関(ASN)見解

3月20日 18時40分(日本時間21日2時40分)Nouvel Obs.com 抜粋 20日未明フランス原子力安全機関(ASN)は、「送電線が接続されたからといって問題が解決した訳ではなく、福島の状況は未だ重大」との見解を示した。 ASNのオリビエ・ギュタ事務局長補佐は「電線は接続されたが、ショートの危険があるため送電を行うことが出来ない」と現在の福島原発の状況について述べた。またギュタ事務局長補佐は、「(発電所内の)各配電盤と機材を一つ一つ点検してそれぞれを接続できるかどうか点検しなければならない。状況は依然として重大で不安定だ」と述べた。...

Lire la suite

フランス、日本に向けて支援物資輸送を決定

3月20日 12時30分 Le Monde Web LIVE フランスは非常食や医薬品などの支援物資と放射線計測器などの緊急装備を日本に送ることを決めた。フィリップ・フォール駐日大使によれば、仏政府は世界最大級の積載量を誇るアントノフ225型機を使用して、粉ミルクやベビーミルク、水15万本、医薬品、衛生用品から原発事故で使用できる計測器や汚染防止マスク、大気汚染計測車や環境観測車など総計100トン以上に及ぶ支援物資を日本に送ることにした。 同機の日本到着は25日に予定され、現在日本に派遣されてい...

Lire la suite

台湾で日本産空豆から放射性物質検出

3月20日 Le Monde Web LIVE 20日、台湾で放射性物質が検出された空豆14キロは鹿児島産で、成田空港での積み替えの際に汚染されたのではと見ている。空豆には一キロ当たりヨウ素が11ベクレル、セシウム137が1ベクレル検出された(台湾衛生当局)。

Lire la suite

速報:福島2号機に電源確保 1号機の制御室作動も望む

3月20日 仏時間10時(日本時間18時)Le Monde Web LIVE - 福島原発2号機で電源が確保されたという速報が入った。電源確保により2号機から送電線を使って1号機への送電を可能にし、1号機の中央制御室と冷却装置の復旧を計りたいとしている。(ロイター発共同) - 震災発生から9日後の20日、瓦礫の中で救助を待っていた2名が無事救出された(石巻市)。 - 台湾で放射線物質を含んだ日本産の空豆が見つかった。 福島原発1〜6号機の詳しい状況を知りたい方へ(英・ガーディアン紙作成) lin...

Lire la suite

電源確保必死、消防隊による放水続く

Le Monde Web ル・モンド紙 ウェブニュース - 原子力安全・保安院によれば、福島原発の電力は本日中(20日)の復帰は見込めないとの見方を示した。東電スポークスマンによれば、「海水が浸透している区域を再度検査確認する必要がある」とのことだ。 - 19日、国際原子力機関(IAEA)は「福島原発の冷水ポンプは電源が確保されても作動するかは確かではない」との見方を表明している。 - 東京などの都県の水道水から見つかった放射線物質は「基準規制値以下」の量だった。 - 福島原発の5号基と6号機では、予備のディーゼル発電が復旧し冷却装置が作動している。また、新たな水素爆発を防ぐために原子炉建屋の屋根に穴が明けられた。...

Lire la suite

死者行方不明者2万人を超す

死者行方不明者2万人を超す

リベラシオン・ネットニュース 7時(日本時間15時): 陸前高田にて © AFP Nicholas Kamm 3月11日に日本の東北を襲った巨大地震と津波の死者行方不明者は2万人以上に上る。被災者たちは放射能に汚染された雨の可能性を心配している。福島原発の技術者たちは本日中に原子炉の冷却ポンプを作動させることができるかどうかはわからない。 「福島原発の損傷を受けた原子炉から出た放射性物質はフランス本土に水曜日か木曜日に到達すると見られる」と仏原子力安全院(IRSN)が発表した。 6時11分(フランス時間、以下同様):警察当局によると、大震災と津波による死者は8133人、行方不明者12272人となった。この数字はまだ増えそうである。宮城県警は「1万5千人以上の遺体を収容できる場所が必要である」と語った。...

Lire la suite

福島原発は現在安定しているが、先行き不安

ロイター・ネットニュース 18時20分(日本時間20日2時20分): 現在、福島原発の状態は安定しているが、国際原子力機関はまだ状況が悪化することもあることを強調した。 第3号原子炉は半日に渡って放水され、これが熱し過ぎた炉心を冷却するのに役立ったことを政府は発表した。プルトニウムをベースにした不安定な燃料を含んでいた為、最も懸念されていた原子炉であった。「状態は少し安定した」と枝野官房長官は語った。政府によれば、福島原発の外部の空気中の放射能レベルは危険ではない。しかし、保健所が原発近くで生産されたほうれん草とミルクから許容レベルを上回る放射能を検出したことは気がかりな点である。...

Lire la suite

<< < 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 > >>